創業21年! 広島@流川で奮闘してる夜街社長の日報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目配り・気配り・心配り
先日、広島自動車青年会議所の例会で講演を頼まれ、
「顧客維持」を中心に1時間ほど講演をさせて頂いた。


そこでのサービス業の基本
「目配り・気配り・心配り」について話をしたのでご紹介。
まずは「目配り」
目配りとは、我々の商売で言うとテーブル周りとか
お客様の動きに注意するとか言われてますが、
私の解釈は少々違う(^^ゞ


目配り=アイキャッチ
まずはお客様と『目』を合わせること。


アイキャッチなくしてサービスなし!

次は「気配り」
これは先読みをしてサービスをする。
これは普通の解釈。


気配り=お客様の気配(けはい)を感じること。
空気を読む、とか場を考えろとよく言われますが、
これはお客様や周りの気配を読まなければできません。


最後は一番難しい「心配り」


しかしこの言葉も読んで字のごとく


心配り=お客様の心配(しんぱい)をすること。

世の中の人は(私も含めて)1日の90%以上、
自分の事しか考えてません!


お客様の立場に立ち、お客様を「心配」すれば、
自ずとさせて頂く行動は明確になりますね。


これを毎日意識して、後は実践あるのみ♪
まずはアイキャッチを1週間行動してみましょう。

あなたの周りが変化してきますよ。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
アイキャッチアイキャッチとは、テレビ番組のコマーシャル|CM前後に放送される番組タイトルクレジットのこと。アイキャッチャーとも呼ぶ。アニメにおいて使用されるのは本編とは関係の無い数秒間のアニメーションまたは静止画。通常は本編とコマーシャル|CMの間に挿入するが
2007/03/24(土) 03:47:18 | デザインの杜
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。