創業21年! 広島@流川で奮闘してる夜街社長の日報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目標と期限
今日、なかなか売上の伸びない店長と
10月の店舗の運営計画について話をしてる時、
天の啓示(?)のごとく、閃きがあった!


僕   「ねえ、その企画で何人集客できるの?」


店長 「えっ?何人・・・?」


僕   「だって集客企画でDMとリーフレット作るんでしょ!?
     何人集客するために、何枚作って何枚配るの?」


店長  「いや・・・住所知ってるところに全部・・・」


僕   「それで目標人数達成するの?」


店長  「目標人数・・・」


僕   「お前、目標人数なんて考えてなかったろ!?」


店長  「・・・」


僕   「う~ん、なんでお前の店が伸びないか分かった!
     仕事って言うのは目標と期限という数字が無ければ
     仕事ではなく作業になるんだよ。
     店長という役職は作業ではこなせない!仕事をしないと」



この店長の仕事内容はいつも後手後手になり、期限ギリギリ、
もしくは期限切れで間に合わず、成果に結びつかないことが多い。


やっぱり仕事は「数字」に置き換えなければ仕事にならない。
特に目標と期限を明確にしなければ、仕事は進まない。
やっぱり僕が苦手なことは、店長も苦手ようだ。。。


『そうか~だからうちの会社いまいち伸びないんだ』
自己反省しつつ、店長に説教をする僕であった(^^ゞ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。